カテゴリー別アーカイブ: 健康

中高年男性の中折れの悩み

40代、50代の中高年になると、ペニスの勃ちが弱々しくなってきますが、特に深刻なのは、性行為の途中で萎えて中折れするという悩みです。


その原因は、精神的な原因も考えられますが、最初から勃起をしないのではなく、途中で萎えて中折れする場合は、肉体的な原因の方が大きいのです。

30代までは、仕事や遊びにも、ある程度の無理がききますが、 40代ともなると、そうはいきません。


身体の至るところに衰えが見えはじめ、これまで元気だったペニスが、突然、ガクンと持続力がなくなって自信を失ってしまう人も多いようです。

さらに、50代になると、なかなか疲労感がとれない男性更年期障害特有の症状になる方もいます。

特に、ペニスが性行為の途中で萎えて中折れするということは、身体の衰えが顕著にあらわれている証拠です。

では、どのように改善したら良いのでしようか。

まず、食生活を見直してみましょう。

栄養に偏りがあると、身体の機能を充分に働かせる栄養が不足します。

これは、必然的に勃起にも影響を与えてしまいます。

身体の機能を回復させ、充分な働きができるよう、バランスの良い食事を心がける必要があります。男性の活力をつける精力剤を試してみることも一つの方法です。

肉体的な衰えは、運動不足が大きく関係しています。

40代になると、身体の筋肉量が減少していき、これに伴って、身体全体の代謝量も減っていってしまいます。

代謝が悪くなると、身体の中の循環が悪くなり、血流が滞ってしまいます。そうすると、ペニスに充分な血量を送ることができなくなり、途中で萎えることにもつながるのです。


身体の機能は、寝ている間に回復します。このため、生活リズムを整えて、質の良い充分な睡眠を取ることも大切です。

質の良い睡眠がとれないと、身体の機能が回復しないため、中折れの原因にもなるのです。

また、生活リズムが乱れると自律神経も乱れて、脳からペニスを勃起させる信号を遮断させる原因となり、勃起不全や途中で萎える状態を作り出します。
「アプソルシン」

肝硬変の原因

肝硬変とはA型やB型肝炎などが長い間進行していき、更に悪化すると引き起こる危険な肝臓の病気です。

肝硬変の原因はいくつかに分けられます。まず最も多いのがた肝炎の悪化によるものです。これは、肝臓が少しずつ線維化していき固くなっていくもので、肝臓の細胞が破壊されていて起こる症状です。

これにより肝臓にはたくさんの悪影響を及ぼしていきます。特にB型肝炎やC型肝炎の方は可能性が非常に高くなるので注意が必要です。

基本的に色々と原因がある肝硬変ですが、やはり最も大切なのは生活習慣です。お酒を飲み過ぎたり、暴飲暴食、運動不足、加齢、タバコの吸い過ぎなど全てが肝臓に負担がかかります。当然のことながら、心身のストレスなども肝臓に負担をかけてしまいます。

ここで、注意したいのが、肝硬変は合併症を引き起こしてしまうという点です。特に、肝臓がんを合併症で引き起こす可能性が高く、肝臓が原因で亡くなられる方の多くが肝硬変から肝臓がんになってしまっております。

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれるだけあって、多少悪くなっても中々症状が出にくくなっています。

そして、基本的に肝硬変になるまでは7年ほど時間がかかりますので、今日明日すぐにでも悪くなってしまうという訳ではありませんが、お酒好きな方や、肝臓が心配な方は、肝硬変におすすめのサプリメントや予防法、治療法をしっかりと把握しながら、毎日過ごことが大切です。

肝パワーEプラス

メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドロームとは、おなかのまわりが太くなる「内臓脂肪型肥満」に加えて高血糖、高血圧、脂質異常のうちいずれか2つ以上を合わせもった状態をいいます。

本人に自覚症状はありませんが、この状態は動脈硬化を急激に悪化させます。メタボリックシンドロームは、不適切な食生活、運動不足、飲酒、ストレス過剰、喫煙など
不健康な生活習慣を続けていると起こります。

太りぎみ、中性脂肪値がちょっと高め、HDLコレステロール値がちょっと低め、血圧がちょっと高め、血糖値がちょっと高めの人は生活習慣病予備軍で、この時点で生活習慣を改善し、ここから先に進まないことが大変重要です。

特に、肥満は脂質異常症や高血圧、高血糖を引き起こす要因になるだけでなく、過剰な脂肪そのものから健康を害する物質を分泌しているので、肥満自体がひとつの病気でもあります。

その結果、虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症など)、脳卒中(脳出血、脳梗塞など)、糖尿病の合併症(失明・人工透析など)といった重症化や合併症を引き起こす可能性があり、半身の麻痺、日常生活における支障、認知症などの生活機能の低下や要介護状態に陥ることも考えられます。

健康器具で【肩こり・腰痛】改善

試合に負けないスタミナ養成法

試合などで、良くスタミナが切れたとか、スタミナ不足だと言った言葉を使いますが、スタミナとは、一般的に持久力のことを言います。
例えば、格闘技などの試合の延長戦で息切れするというのは、「全身持久力」つまり「ロー・パワー」が不足しているためです。このロー・パワーを養成するトレーニング法は、一番手っ取り早いのは、ランニングです。
また、空手の試合のように数分間の試合時間で持てる力を発揮することが要求される運動には、もう少し違った種類のスタミナが必要になります。それは「ミドル・パワー」の能力です。ミドル・パワーを養成するには、サーキット・トレーニングが適しています。
ダイエットのためには筋力量を増やすこと、有酸素運動をすることが重要になりますが、この2つの ことが同時行えるのがサーキットトレーニングです。
サーキットトレーニングの最大の魅力は、30分という短時間でも、効果的にエクササイズが実践でき、 体脂肪を燃焼しながら基礎代謝を上げられることです。
1セット6~12種目のトレーニングを休息なしに連続して行うことで全身の筋肉をバランスよく鍛えられるうえ 脂肪燃焼効果が高いので、有酸素運動+筋トレが短時間で実現できる忙しい人向けのトレーニングなのです。
その他、スタミナは日々の生活態度にも大きく影響されますので、栄養と睡眠を十分にとることが大切です。またタバコを吸っているならやめたほうがいいでしょう。
「クラチャイダムゴールド」でスタミナ作り

食物とコラーゲンの関係

コラーゲンは、しわ、しみを防ぎ、肌のハリやツヤをになうコラーゲン。肌における役割、コラーゲンを守るためには、化粧品だけでなく、食べる(飲む)コラーゲンに注目!!
すなわち、ぷるぷるしたゼリー状のいわゆるゼラチン質のことです。特に、女性に人気のコラーゲン鍋や、リッチなところではフカヒレ料理、他にも鶏や魚のスープ、煮物などでも摂れます。
ところで、食事として摂取したコラーゲンは、これまたそのまま肌にいくわけではありません。まず胃に入って、そこで、アミノ酸へ分解されます。これが体内でコラーゲン合成に使われ、肌だけでなく、骨や血管など老化を防ぐことにつながります。
さらに、新しい新鮮なコラーゲンを作り出し、古くなったものを分解するという新陳代謝のためにもコラーゲンは必要なのです。角層などの新陳代謝に比べてスローペースで行われるというコラーゲンの新陳代謝。年齢と共にこの代謝を落とさないため、食事としてコラーゲンを摂取するのはとっても大切なことで、これが結果的に若々しい肌”結びつくのです。
コラーゲンを効率よく吸収するコツとして有名なのが、「ビタミンCと一緒に摂る」ということ。逆に気をつけたいのが糖分の摂り過ぎです。過剰な糖分は、コラーゲンと結びついて老化架橋を増やしてしまうのです。糖分を摂るときは食物繊維と一緒に摂るのが良いとされています。食物繊維が、糖との結びつきを抑える働きをしてくれるのです。例えば、「あんこ」はやさしい甘さと同時に小豆の繊維も摂れます。
肌だけでなく、身体のためにもコラーゲンは大事。身体の中からも外から、自分にの肌のコラーゲンを守りましょう。

健康サプリ&健康飲料比較【若々しく健康な】生活を!!

制汗剤の使用法

学校のクラブ活動の部屋に入ると、汗臭いにおいが充満して、一瞬、ウッとなることがあります。

そこまで行かなくても、夏などに汗をかいたシャッをそのまま着ていると、汗臭いにおいがして、他人に不快な感じを与えることがあります。特に、汗かきの人は、なにかと気を使うことでしょう。

そんな時に役立つのが制汗剤です。これは、発汗を抑える薬剤のことで別名「止汗剤」とも言います。

これは、肌に直接つけることによって、有効成分が毛細血管を収縮させて汗の分泌を抑えるので、汗をかいてから使うのではなく、汗をかく前に使用するのがより効果的だと言われております。

このため、学校や会社に出掛ける前、すなわち朝に使うという方が多いと思いますが、朝、シャワーを使って制汗剤を使用しても、汗や水分が汗線を塞いでいるため、効果が表れにくいようです。

制汗剤の有効成分は24時間持続するので、発汗を抑えるには、夜寝る前に使用するのが良く、朝使っても、効果がいまいちという人には、夜寝る前に使用するのがお勧めです。

美容&コスメグッズで、美容の悩みを解消♪

コラーゲンと老化

コラーゲンは人体を構成するタンパク質の約30%を占めており、細胞同士をつないで組織を強化したり、弾力性を与えたりする働きがあります。
しかし、コラーゲンの合成量は加齢とともに急激に落ちていくのです。年とともに体が老化していくのは当たり前のことなのですが、コラーゲンの量はなんと、40代からガタ落ちになってしまうそうです。
コラーゲン合成のピークは18歳前後で、25歳を過ぎると合成能力はかなり落ち、その後しばらくはコラーゲンの総量は多いものの、合成能力が落ちている為に、古いコラーゲンの比率が高い状態が続き、組織の柔軟性や保水力が低下していきます。そして40代に入る頃には、コラーゲンの総量もピーク時の 半分ほどになってしまうのです。
コラーゲンの合成量が減ると、当然皮膚の老化につながりますし、血管の老化も招きます。さらに、臓器も老化してしまうのだとか。
このように、コラーゲンは全ての臓器の支持組織としても、重要な役割を果たしてくれているのです。
また、骨の老化とのかかわりも見過ごせません。「骨と言えばカルシウム」ですが、実は骨はコラーゲン繊維にカルシウムが付着して、成り立っているもの。コ ラーゲンの合成量が減るとコラーゲン繊維の密度が粗くなり、カルシウムとの結合性が低下して、スカスカの骨になってしまうそうです。
コラーゲンの材料と言えばアミノ酸ですが、体内合成の際には鉄・亜鉛・ビタミンCも欠かせません。食事のバランスを大切にして、コラーゲンの不足を食い止めていくことが大切です。

アンチエイジングしたいなら「ミドリムシ(ユーグレナ)」です!!

ボディエステでシェイプアップ

リバウンドを防止するには、筋肉量を増加させることで基礎代謝を上げることが出来ます。適度な運動だけでなく、タンパク質を上手に取り入れる事でさらに代謝を上げることが出来るので、鳥のささみに胸肉、大豆類などのカロリーが少なくタンパク質が高い食品を摂取しましょう。
正しいダイエットは、体重の現象がゆっくり行われます。リバウンドの正しい知識を養い、食事を含めた日常生活をコントロールしていきましょう。
エステサロンでボディエステを行うメリットは、日々の生活で蓄積された脂肪などの部位を揉みほぐし、 血行を促進させることで体の老廃物の排出を促進し、体質が改善されることです。全身の緊張が緩和され、からだの中から体質を改善させることで、リンパの流れも良くなり、痩身効果が発揮されるのです。
結果としてスリムになるのはもちろん、それ以上に身体の内側から起こるトラブルをトータルに改善し、キレイで健康的な美しさを取り戻せるのがボディエステの最大の魅力です。

THE CLINICで【ボディデザイン】

アルギニンの効果と摂取量

アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進するアミノ酸です。成長期に摂取はもちろんのこと、成人してから摂取することにより若返りの効果も臨床実験により実証されています。 皮膚などの外見的な若返りから、記憶力、集中力、免疫力の増強など内面的な若返り効果もあります
このように、アルギニンは体内の活性化、免疫反応の強化、筋肉の強化などに効果があると言われており、 若返り、美肌、肥満改善、育毛、老化予防、長寿および老化病・生活習慣病 などにも効果があり、精力剤として申し分のない成分です。
アルギニンはグルタミン酸から生成されますが、普通の食生活では摂取量に届かず、体外から摂取しないとなりません。 また、食品でアルギニンを摂取する場合はビタミンB6を一緒に摂取することにより、効果的に吸収してくれます。
アルギニンは体内で作られるアミノ酸の1種ですので副作用はありませんが、取り過ぎてはいけません。
1日5000mgも摂取すると身体には良くないようです。一般的な精力剤に含まれるアルギニンの量は200㎎~1500㎎なので用法用量を守って正しい飲み方であれば問題は起こりません。また、タンパク質ですのでアルギニンによるアレルギーなどもありません。
精力剤と男性専用クリックの比較