カテゴリー別アーカイブ: 在宅ワーク

中小零細ライブチャットサイトのメリット・デメリット

チャットレディの収入は、ほぼ出来高制ですから、ライブチャットサイト選びは非常に重要です。


初心者は、大手で知名度の高いサイトの方が、サポート体制が整っているためお勧めですが、ある程度経験を積んだ女性であれば、中小や零細の会員数が少なめのライブチャットサイトだと、競争相手も少なく、より稼げる可能性もあります。


大手サイトは知名度が高い分、男性会員数が多いため、チャットレディにとっては稼げるチャンスはそれなりにありますが、ライバルもそれだけ多い上に、容姿である程度人気が決まってしまうため、その中から自分を指名してもらうことはかなり大変です。


その点、中小零細のライブチャットサイトは、男性会員に比べてチャットレディの数が少ないことがあるため、ライバルも少なく、指名されるチャンスが多くなります。


また、このようなサイトはマニアックなサイトが多く、大手サイトであまり人気を得られなくても、男性会員の需要に合致すると、大きく稼ぐチャンスも出てきます。


デメリットとしては、やはり信頼性や安定性に欠けることです。個人情報を抜くための詐欺サイトの場合もありますし、突然、サイトが消えてしまって、報酬を貰えない場合だってあり得ます。


また、マニアックなサイトだと、自分ではとうてい出来ないハードなことを要求されることもあるので、上級者ならともかく、初心者にはあまりお勧めできません。


姫のヒマつぶし

内職の変遷

厚生省の発表によると、内職や家内労働者は約13万人とされております。この内、女性が約9割を占めており、業種別では衣服の縫製がもっとも多いそうです。
ちなみに、パソコン内職と言われているアフィリエイター人口は約387万人で国民の3%が参加している計算になります。
なお、アフィリエイトは個人事業としてカウントされるので、家内労働者とは区別されますが、内職全盛だった時代の倍の人口が内職系に参加している計算になります。
また、スマの普及に伴い、今は正に内職系全盛期と言えます。もともと内職は、江戸時代に下級武士が生活費を稼ぐために始めたと言う記録があります。
最近、内職が見直されている理由の1つとして、昔は子育てに関しても村全体で子どもを育てたため、養育費という概念があまり無かったのですが、最近は習い事、保育園、塾、学費など、子どもの誕生とともに同時にお金が必要な時代になってのが背景にあるようです。
こんご、どの程度内職系ワーカーが増え続けるのか、あるいは、これからどんな内職ワーカーが活躍できるのか。内職をするにも時代を先読みする能力が必要な時代だと言えそうです。

「マダムライブ」チャットレディ募集中

在宅チャットレディとは

近年、ネットを活用したネット内職が注目されていますが、手っ取り早く稼げると注目を集めているのがチャットレディです。
チャットレディ とは、自宅のパソコンでネット上の男性とチャットをして収入を得ている女性です。在宅は魅力的だけどチャットレディで自分の個性を活用し収入を得たい方に向いている仕事です。
また、家族が寝てからでも自分の自宅の個室でタイピングをメインに高収入が得れると人気を集めており、いつでもどこでもできて、しかも高収入が得られるので、とてもおいしい在宅ワークといわれています。
チャットレディになるにはネット上の募集サイトから応募して申し込めば誰でもなれます。 通常の内職手作業よりも個性が求められてきますが人によっては高収入が望めます。
初心者の方は敷居が高いように思いますが、年齢層も幅広く20歳から50歳までの女性が日々活躍しております。
チャットレディを始めるにあたっては、メリットとデメリットをきちんと把握して、自分にとってメリットの方が多ければ始めることが大切です。
チャットレディ運営サイトによっては応募し・初回接続するだけでお金が支給される場合もあります。また、最低限準備するものもパソコンと内臓カメラ・もしくはライブカメラ(数千円程度)が必要になってきますが、ライブカメラを貸し出し・またはプレゼントしてくれる運営サイトもあります。
ジュエル