カテゴリー別アーカイブ: 美容

肌の光老化予防とケア

光老化とは、紫外線の影響によって起こる肌の老化で、加齢にともなう自然老化とは違います。肌老化の原因の内、自然老化は20%で、残りの約80%が光老化です。


光老化の特徴は、紫外線に対する防御反応で、皮膚が厚く色濃くなることにあります。また、真皮では、皮膚の弾性線維が固まって光線性弾性線維症という状態になります。

光老化で現われる症状には、35歳前後から目立つようになるシミやシワ、皮膚のザラツキやクスミなどがあり、紫外線に晒さられる部位にこうした症状があらわれます。

光老化を予防するには、紫外線から肌を守ることに尽きます。そのため、外出する際は、日焼け止めを塗ることが基本的な予防法です。なお、紫外線は日射しが強くなくても常に出ているため、日常的に日焼け止めを使用することが大切です。

光老化ケアのポイントは、コラーゲンやコラーゲンの合成に関わるビタミンC、紫外線によって発生した活性酸素を除去する行うビタミンEやβカロテンをしっかりと補給することです。

また、光老化によって肌の保湿機能が低下すると、バリア機能が弱まっておりトラブル発生の原因となります、このため、十分な保湿によって、バリア機能を整えておくことが重要です。


「メディプラスゲル」は【敏感肌専用】のオールインワンゲルです。

脱毛サロンでひざ下脱毛を行う場合の注意点

ひざ下脱毛は、ワキ脱毛と同様人気の高い部位の脱毛ですが、実は、脱毛サロンによって、ひざ下部位の範囲が少し違います。例えば、ひざ(ヒザ小僧)の脱毛を含むのか含まないのかなどです。


大抵の脱毛サロンでは、ひざ(ヒザ小僧)の脱毛は含みませんが、中には、ひざ下脱毛をしてくれたら、おまけでひざ(ヒザ小僧)脱毛もしてくれる脱毛サロンもあります。

また、基本的な脱毛サロンのひざ下脱毛は、360度、前も後も脱毛です。しかし、中には、ひざ下脱毛前面のすね、ひざ下脱毛後面のふくらはぎと、2つの部位に分けている脱毛サロンがありますので、よく確認しないで申し込むと、話が違うなんてことになりかねません。


しかし、ひざ下脱毛の範囲については、脱毛サロンの公式ページには詳しく書かれていないことが多いので、問い合わせセンターや無料カウンセリングで、範囲を確認する必要があります。


そして、ひざ下脱毛をする前には、しっかりと保湿をする必要があります。ひざ下は赤みやかゆみ、あるいは、乾燥肌になりやすい部位ですので、肌の水分が不足していると、脱毛した後に火傷のような症状が出ることがあるからです。

このため、施術の1週間くらい前から、保湿クリームを使って乾燥対策をしつかり行って施術を受けましょう。


キレイモ(KIREIMO)は【全身脱毛専門】の低価格脱毛サロンです。

美肌のための3つのポイント

美肌を保つために必要な3つのポイントは、ストレスを失くする。良い睡眠。 バランスのとれた食事が挙げられます。
美肌を心がけるには、きちんとした日常生活と食生活が必要です。しかし、毎日早寝早起きをし毎日栄養バランスを考えた食事をしたとしても、肝心の、心と体のバランスがとれていなければ、きれいな肌を維持することは難しいものです。
なぜならば、肌が受けるストレスは、直接触れる物質的なものだけではなく、心のストレスによっても、肌にダメージが出ることもあるからです。
外的なストレスを与える紫外線や乾燥などは、ある程度の対策を講じることによって防ぐことは出来ますが、精神的なストレスは厄介です。
特に、睡眠時間が短い人にとっては、強いストレスは危険です。睡眠時間が少ないと、血液の流れが滞り、疲れや老廃物が体内に蓄積されてしまうからです。
このように、新陳代謝が働かないと、冷え性、老化現象を引き起こす原因となります。スムーズに就寝できるように、ストレス解消法を見いだしましょう。
ストレスを無くすには、その要因を排除することが最適ですが、心地よい状況や状態にすることでも少し楽になります。例えば、風呂でリフレッシュしたり、飲み物を温めて飲むこともよく効きます。
また、身体を動かすことや早起きも精神的負担を少なくする効果があるようです。朝早く起きてカーテンを開けて日の光を入れるだけで気持ちが楽になることもあります。何度か息を思いきり吐くだけでもスッキリすることがあるのです。自分に合ったストレス対策を探してみるのがよいでしょう。

ホワイトニングリフトケアジェル【シミなどの肌の悩み】を全て解決し美白・美肌作り♪

これが正しい洗顔法

清潔で健康的な肌を保つための洗顔は、その方法次第で、肌のトラブルの原因に繋がることも少なくありません。
洗顔は文字通り顔を洗う行為。メイクや汚れ、古い角質、ばい菌などを洗い流す洗顔は、素肌を健康な状態に保つ最も重要な動作です。誤った洗顔は皮膚にダメージを与えてしまいます。
■洗顔を始める前に、髪をヘアバンドでまとめるなど、洗顔の邪魔にならないようにしましょう。
■洗顔する手が汚れていては、せっかく泡立てた泡にも汚れが付着します。手をキレイに洗いましょう。
■人肌といわれる37℃前後のぬるま湯で顔を軽く素洗いし、肌表面の汚れを落とします。
■洗顔石鹸をよく泡立て、弾力のあるキメ細かい泡をたっぷり作ります。手か泡立てネットで石鹸を優しくこすり、水を加えながら泡の量を増やしていきます。
洗顔石鹸の成分などにもよりますので、適した泡立て方で、生クリーム状の濃厚な泡を作ります。
■たっぷりの泡で顔を包み込むようにしてTゾーンを内から外へ優しく泡を転がすように洗います。脂分がとくに多い額や鼻の周りなどから、泡で肌を挟み優しくなでるように馴染ませながら汚れを落とします。
続いて頬やあごなどUゾーンの中心から外へ。頬のほうへだんだんと円を描くようにマッサージしながら優しく指を滑らせます。
そして、目元・口元へ。顔の中でもとくに繊細な目元、口元は、強くこすらないように優しく泡を馴染ませます。
■ぬるま湯で石鹸が残らないよう充分にすすぎます。熱い湯は必要な油脂まで奪ってしまうので、人肌のぬるま湯で髪の生え際など洗い残しがないようたっぷりとすすいでください。
■洗顔後は、清潔なタオルを押し当てるようにして優しくふき取ります。

どろあわわ【どろ豆乳石鹸】で、毛穴するん♪お肌するん♪

脱毛クリームは人気の脱毛剤

脱毛剤は薬局などで多く出回っています。中でも脱毛クリームは人気商品で、かなり売れているようです。
脱毛クリームは値段が安く、やり方も手軽ですし、その上痛みもないので気軽に試すことができます。
市販の脱毛クリームは、特殊な化学反応によって毛を溶かすことによって脱毛処理をします。
脱毛処理の方法としては、皮膚にクリーム状の脱毛剤を塗ってしばらく置きます。その後洗い流すか、ふき取って終わりです。
脱毛クリームでの脱毛は、皮膚から出ている毛を溶かすのであって、毛根までは処理できません。そういう意味では脱毛剤というより除毛剤の部類に属すると言えるでしょう。しかし、最近は毛根まで溶かすタイプの商品が、パーフェクト脱毛クリームとして少々ながら売られているようです。
ただし、脱毛クリームを使用すると、皮膚にも相当負担がかかります。このため、肌の弱い人や敏感肌の人は特に、かぶれや炎症を引き起こす危険性があります。
このため、脱毛剤を初めて使用する場合は、まず目立たない部分でテストをして、自分の肌質に合うかどうか確認して使用することが重要です。

パイナップル豆乳除毛クリーム