カテゴリー別アーカイブ: ダイエット

水泳でダイエット

水泳でタイエットするのは、昔からよく聞く話ですが、それをするためにはプールに行かなければ出来ないと言う難点がありますが、それだけ、効果も高いようです。


その最大の理由が、消費カロリーの高さです。例えば、1時間歩くと、消費されるカロリーはせいぜい120~150kcal程度ですが、平泳ぎで1時間泳ぐと消費カロリーは601kcal、これがクロールだと1139kcalにもなります。

このように水泳の所費カロリーが高いのは、それなりの理由があります。

まず、泳ぐという運動は、前に進むために手や足を動かし、身体を水平に保つために、腹筋や背筋も使うなど全身を使う運動です。

そして、水に入ると、水圧が身体にかかります。その大きさは、1.3トンにもなるといわれております。

この水圧によって、血液の流れや代謝が良くなります。さらに、体を動かしても心臓にかかる負担が少ないため、高齢者でも行える運動です。

水中で身体を動かすと、水の抵抗を受けます。これは、空気中の約10倍にもなると言われており、これだけの抵抗を受けるため、腕を動かすだけでも立派なエクササイズになるのです。

また、水の抵抗は全身にかかります。これによって、腕の内側、腕を元に戻す時には腕の外側にも負荷がかかります。

太ってる人がジョギングなどをすると、膝や腰を痛めることがありますが、水中では浮力がかかり身体が浮くため、膝や腰への負担が軽くなります。

また、脂肪の比重は0.9と水より軽いので、太っている人ほど水に浮きやすく、楽に泳ぐことができます。

プールの水は、体温より低い水温に設定してあります。このため、身体は体温を保とうとして、エネルギーを燃やしていきます。つまり、水に浸かっているだけでも、陸上にいるよりもエネルギーを多く消費することになります。

このように、水泳は激しくやればやるほど、体力を消耗し、消費カロリーは高くなります。

このため、あまり激しく泳ぎすぎると、脂肪を燃やすのではなく、筋肉を鍛える効果が強くなって、がっちりした体型になる可能性もあります。

最初からはりきって激しく泳ぐと長続きしませんので、ゆったりと大きなフォームで、最初は短い距離から始めて、少しずつ距離や時間を伸ばしていくようにしましょう。どんなに効果のある運動でも、続けなくては意味がありません。

泳ぎが苦手な人は、水中ウォーキングでも十分ダイエット効果が見込めます。水の抵抗によって、歩くだけで全身を使うからです。


「ローカロ生活」は【置き換えダイエット】にピッタリの低カロリーのダイエット食品です!!

酵素でダイエット

酵素は、私たちが生活する空間にはたくさんあります。洗剤や洗顔料といった「汚れを落とす酵素」や、果物や野菜、味噌や納豆に含まれる「食物酵素」まで、数え切れないものの中に酵素が含まれていおります。
また、人間にとっても酵素はとても大切なもので、食べたものを消化して排泄する過程や、お肌の新陳代謝も酵素が働いているおかげでスムーズに行われており、まさに、生命にとって欠かせないパートナーなのです。
人間の体内には、消化酵素と代謝酵素という2種類の酵素が存在しており、体に取り込んだ食物を消化・吸収・代謝するはたらきを担っています
しかし、酵素は使うと減ってしまう消耗品なので、年齢を重ねるにつれ、酵素不足に陥ってしまいます。酵素が少なくなると、消化・代謝活動が衰え、体内に老廃物がたまりやすくなり、便秘になったり、脂肪が蓄積しやすい体になったりしまいます。
酵素を使ったダイエットは、酵素飲料などの酵素食品を利用したダイエット法のひとつです。酵素飲料を取り入れることで代謝機能を向上し、痩せやすく、太りにくい体を作ることができます。

「酵素ドリンク」でダイエット+美容・健康

ダイエットにおけるホメオスタシスとは

ダイエットで良く使われるのがホメオスタシスと言う言葉です。ダイエットを成功させるためには、このホメオスタシスを良く理解しておくことはとつても大切なことです。
ホメオスタシスとは生体の内部や外部の環境が変化しても、その生体の状態が一定に保たれるという生物の性質や状態のことで、ホメオスティシスとか、あるいは、生体恒常性ともいいます。
身体の中で働いている具体的な例としては、体温の調節があります。人間の体温は約37度で一定に保たれていますが、夏の暑い時や、熱いラーメンを食べた時に、人間は汗をかきます。これは、汗を出すことによって、体温を下げようとしているのです。反対に、冬の寒 い時や、冷たいアイスクリームやかき氷をたくさん食べた時に、人間はぶるぶると体がふるえます。これは、ふるえることによって発熱し、体温を上げようとし ているのです。
また、生体の内部や外部の環境が変化しても、その生体の状態が一定に保たれるという性質は、体温の調節の他に、血圧の調整、体液の浸透圧やpHの調整、キズの修復、病原微生物の排除などがあげられます。
ダイエットなとで、食事制限を行うと、少ないエネルギーで体を一定に保とうとするホメオスタシスの働きで、生命維持に必要なエネルギーの消費量が減少します。
食事制限時にこの機能が働くと、食事を少なくしているにも関わらず体重が減らないという状態になってしまいます。 エネルギーの消費量が元に戻る前に食事制限を中断して以前の食事量に戻すと、余分なカロリーとして体に蓄えられます。これがリバウンドなのです。

驚異のダイエットサプリ「カロリストン-PRO-」