カテゴリー別アーカイブ: 育毛

髪の毛が抜けやすく生えやすい季節は?

髪の毛が抜ける量は、一日で大体50~70本位と言われておりますが、特に夏場は髪の毛が抜けやすい傾向にあります。


その理由は、頭皮環境が損なわれためです。梅雨などの時期には湿気が強いため、地肌に雑菌が繁殖しやすくなります。

さらに、気温が高く暑いため、汗をかきやすくなり、強い紫外線から頭皮を守ろうとして皮脂分泌が活発になって雑菌がさらに増加してしまうためです。

元々、皮脂は頭皮を守るためのものですが、過剰に分泌されてしまうと、頭皮を不衛生な環境にしてしまいます。このように、頭皮状態の悪化が抜け毛を増やすことになるのです。

その一方で、髪の毛が伸びやすいのも夏なのです。これは、新陳代謝が大きく関わっているからです。

気温の高い季節は、新陳代謝が盛んになります。新陳代謝によって古い物は無くなり、新しい物と入れ変わるため、組織が若返ります。

このため、抜け毛が多くなる夏は、髪の毛が伸びやすい季節ともなるのです。夏のほうが髪の伸びが早いと言われるのは、このためです。

寒い冬は、栄養を摂取しても、体温を維持することにその栄養が使われるため、髪の毛まで栄養が行き届かず、伸びる速度が遅くなってしまいます。


「銀クリAGA.com」で薄毛や抜け毛対策☆お気軽に無料相談を!!

逆さまつ毛の治療法

まつ毛は、目の周りに生えている毛で、まつ毛が折れて目に入るとたまらなく痛い。これを「逆さまつ毛」というが、これが痛い!!目に塵が入ったときの痛さと同じなのだ。逆さまつ毛の治療法としては、
●まつ毛パーマ
利点としては、常に自然にまつ毛が上向き・下向きになるので、毎日手入れをしなくてもよい綺麗なまつ毛になる。
欠点としては、パーマに使う薬品が肌に合わずにかぶれたり、目の近くで薬品が使われたりする危険が伴う。また、下まつ毛などの短いまつ毛にはパーマがかかりづらいため、定期的なメンテが必要で、まつ毛の形状によっては、パーマができない場合もある。
その効果は、そもそも、まつ毛の生える方向が逆だという人には、メリットよりもデメリットの方が多いかも?
●まつ毛のエクステ
利点としては、まつ毛の形状によって種類を使い分けたり、あるいは、やり直しも簡単にでき、毎日手入れをしなくてもよい。
欠点としては、初期費用+メンテナンス費用が掛かる。エクステの効果を維持するため、毎日の日常生活において、洗顔に気をつけるなど、目元に注意を払う必要がある。エクステが取れたら、もとに戻る。まつ毛の形状によっては、エクステができない場合がある。
その効果は、生活面、費用面で、エクステの維持がストレスなく出来れば、気にならなくなる。
●眼科医による保険内手術
利点としては、埋没法と切開法の二種類があるが、一度手術すれば、逆さまつ毛が根本的に完治する。保険が使えるので、費用を抑えられる。
●欠点としては、美しさが第一の美容整形とは違い、治療優先なので、二重の出来上がりは医者任せとなる。また、術後は傷口が腫れることがある。
その効果は、痛みと角膜への傷の原因が解消され、上まぶたの手術なら二重が手に入る。
●美容整形医による保険外手術
利点としては、一度手術すれば、逆さまつ毛が根本的に完治する。また、仕上がりが美しく、アフターケアも行き届いている機関が多い。
欠点としては、保険外の手術なので費用が高くつく。手術なので、術後は傷口が腫れたりすることがある。
その効果は、痛みと角膜への傷の原因が解消され、上まぶたの手術なら美しい二重が、下まぶたも綺麗に整えてもらえる。
濃密育毛剤「チャップアップ」は【満足度97%】