カテゴリー別アーカイブ: 防犯

マンションに必要なセキュリティシステム

マンションは一般的に窓が少なく、壁によって守られているので、防犯上の危険箇所は戸建て住宅に比べて絶対的に少なくなります。


それにも拘わらず、近年ではマンションを狙った犯罪が増えており、マンションの売りでもあるプライバシー性の高さが、いたずら、わいせつ、監禁など陰湿な犯罪の温床にもなっております。


こうしたことを背景に、オートロックシステムや管理人の常駐、廊下やエレベーターなど共有部分でのカメラ監視などの防犯対策は一般的となっており、マンション自体がセキュリティシステムに加入しているところも増えております。


ただし、マンションまるごと加入のセキュリティには問題点があります。マンションの各部屋には侵入者に備えたセンサー類や警報システムがなく、非常通報ボタンだけというものが多いため、不在時や就寝時、インターホンから離れたところで何かあった時には、対応できないため、防犯対策としては完璧とは言い難いものがあります。


非常通報だけでなく、侵入者の監視や警報発令、自動で警備を呼べる監視・通報のシステムが、各部屋に配備されていることが理想です。


マンションで防犯上注意が必要な箇所は、玄関やその周辺の窓、ベランダに面した大きな窓ですが、それでも、戸建に比べて危険箇所が少ないため、センサーの数が少なくて済み、そのぶん料金も安くなります。


少ない危険箇所を効率的にカバーできるマンション専用プランとしては、玄関と窓それぞれに、開閉を感知する小型センサーを配置、ベランダの窓からの侵入を人感センサーで監視、家中どこでも持ち運べる、携帯型非常通報機の設置、必要に応じて火災・ガス漏れ報知センサーの配備などがあります。


カメラ【デシカメ・防犯・監視】通販ショップ