カテゴリー別アーカイブ: 占い

風水とは

郭璞(かくはく)の「葬書」には、「気は風に乗(じょう)ずれば散(さん)じ、水に界(へだ)てられれば即(すなわ)ち止(とど)まる。古人はこれを聚(あつ)めて散ぜしめず、これを行いて止めるあり。ゆえに、これを風水(ふうすい)という」 と風水を定義しております。

分かり易く言えば、「風水」は大地の「気」の流れを掴み、物事の判断の役に立てようというものです。

すなわち、「気」の流れを調べて、どこにどのような「気」が集まるかを解明することによって、不運を避けて開運しょうとするのが風水です。

古代中国では、風水を利用して「気」の流れを研究して、都を作るため幸運を呼ぶ土地を見つけたり、軍を配備するために用いられたりしておりまた。

日本でも、平安京が風水に基づいて都造りがされたというのは有名な話ですよね。

今日では、全国に風水師がおり、風水術にもいろいろな流派ややり方があります。

科学の進歩した現代において、風水は迷信だとか胡散臭いなどと思っている人は多いかもしれません。確かに、風水は科学的に根拠を明らかにできてはいません。

でも、古代から体験を通じて効果があったから、使ってきたのであり、理にかなった、万物の恵みを活かす学問でもあるのです。

風水を活かす事で、人生に追い風が吹くようになります。風水を活用すれば、自分が望む人生を応援してくれるようになります。


【占い&開運グッズ】で開運

霊感占いで注意すべきこと

霊能力は、現代の科学では殆ど解明されていないため、霊能力を持たない人が自らを霊能者であると偽り、霊の言葉なるものを語って、高額の金銭を掠め取る行為が後を絶ちません。

こうした被害に出会わないためにも、本物の霊能者とそうでない霊能者を見分けることが肝要でが、そもそも、世の中には本物でない霊能者など存在しませんから、後者は、霊能力のない普通の人間に過ぎません。

では、本物の霊能者とはどのような人なのでしょうか。服装や表情など外見上は、普通の人と何ら変わるところはありません。

多少なりとも霊感がある人であれば、霊能者独特の雰囲気から何か違いを感じることができるでしょう。これは、霊気とかオーラというもので、普通の人と何か違うと直感的に感じられる人であれば、本物の霊能者でしょう。

しかし、本物の霊能者だから安心して相談できるかと言うと、かならずしもそうとは限りません。

なまじっか霊能力があるがゆえに、低級霊に取り憑かれてしまい、悪い心に支配されてしまった危険な霊能者も存在するからです。

徳の高い霊能者であれば、安心感や暖かさを感じるはずです。しかし、何か得体の知れない恐怖や不安を感じる霊能者は注意が必要です。中には、お払いや儀式をしなければならないと強要し、高額の料金を要求する霊能者もいるからです。

電話占いや街の占いの館などに所在する霊能者であれば、まず、そのようなことはありませんが、全く面識がないのに、いきなり登場する霊能者には要注意です。
本物の霊能者は、面識の無い人に自ら接近して売り込むようなことはしません、相談者が訪ねて来るのを待っている霊能者こそが、本物の霊能者なのです。

電話占いヴェルニは常時【250人以上】の有名占い師が登録♪