ペット用品の選び方

犬の場合は、一般的に、飼育環境や体のサイズ、体重、年齢に適切な用品、フードを 選びます。


その基準としては、フード類はアレルギーの有無も対象となります。飼育環境は、室内飼 育であるか屋外飼育であるかということです。また、多くのペット用品は超小型、小型、中型、大型、超大型用に分類されていて、ワンちゃんがどの大きさに当てはまるかです。


なお、フードや間食、シャンプー類については、犬種や健康状態等も考慮して選びます。


ブラシ、クシの被毛の手入れ製品を選ぶには、長毛種、短毛種、ダブルコート、シングルコート、特定換毛期のある犬種かどうかなどが基準とされています。また、トイレタリー類は設置場所、臭い対策等で選びます。


次に、猫ですが、猫は基本滝には室内飼育であり、体のサイズもさほど違いは無いので、主に年齢(幼猫、成猫、老猫)によって用品やフードを選びます。


シャンプー類は、猫種や健康状態に照らして選びます。トイレタリー類は設置場所、臭い対策のために選びます。なお、フード類はアレルギーの有無も対象となります。


認知症予防ペットサプリ「毎日一緒DHA&EPA」