失敗しない車の査定法

車を中古車買取業者に売却する場合、まず行うことは、中古車の査定額を比較しますよね。しかし、その前に大切なことがあります。
それは、査定額を算出する根拠となる車の査定サイトそのものを比較することです。それは、どの査定サービスを利用するかによって、車の買取額が大きく異なってくるからです。
車の査定を行う場合の最大の特徴は、車の売却価格が、最適な方法を利用した場合と比較して、どの程度安く売ってしまったのか、わからないことです。すなわち、自分はどれくらい損失を出したのか自覚がないということです。
ですから、何度も同じ失敗を繰り返すことになります。そして、失敗を繰り返すたびに、売却損益が膨らみ、それは、場合によっては百万円単位の違いを生むことさえありす。
これを防ぐためには、車の査定で失敗しないことですが、そのためには、車の査定には、どのようなものがあるのかを知ることです。
車の査定には、「単独査定」と「一括査定」の2つの方法があり、単独査定には「下取り」と「買取」があります。
この中で、最も馴染みがあるのは、「下取り」でしょう。これは、車の売却形態で80%程度を占めております。
「下取り」は、新たに購入する車の代金の一部に充てるため、ディーラーに今乗っている車を引き渡すことです。一方、「買取」は、いま乗っている車を売却して、現金に代えることです。
そして、「買取」には「単独査定の買取」と「一括査定の買取」があります。前者は、中古車買取店が行っている通常の車買取です。後者は、一度の査定依頼で、複数の買取業者に見積りを競わせるネット上のシステムです。
中古車の査定は、下取り、単独査定の買取、一括査定の買取の3つの内、いずれかを利用することになりますが、この内どれが、最も高い価格を引き出せるでしょうか。
常識的に考えれば、業者同士が競い合う「一括査定」の買取を利用した方が、最も買取価格が高くなる可能性があります。
このため、車査定の比較をする場合は、どの車一括査定サービスを利用したら良いかを検討することが大切になるのです。

中古車の車査定・車買取サイト比較