肌の光老化予防とケア

光老化とは、紫外線の影響によって起こる肌の老化で、加齢にともなう自然老化とは違います。肌老化の原因の内、自然老化は20%で、残りの約80%が光老化です。


光老化の特徴は、紫外線に対する防御反応で、皮膚が厚く色濃くなることにあります。また、真皮では、皮膚の弾性線維が固まって光線性弾性線維症という状態になります。

光老化で現われる症状には、35歳前後から目立つようになるシミやシワ、皮膚のザラツキやクスミなどがあり、紫外線に晒さられる部位にこうした症状があらわれます。

光老化を予防するには、紫外線から肌を守ることに尽きます。そのため、外出する際は、日焼け止めを塗ることが基本的な予防法です。なお、紫外線は日射しが強くなくても常に出ているため、日常的に日焼け止めを使用することが大切です。

光老化ケアのポイントは、コラーゲンやコラーゲンの合成に関わるビタミンC、紫外線によって発生した活性酸素を除去する行うビタミンEやβカロテンをしっかりと補給することです。

また、光老化によって肌の保湿機能が低下すると、バリア機能が弱まっておりトラブル発生の原因となります、このため、十分な保湿によって、バリア機能を整えておくことが重要です。


「メディプラスゲル」は【敏感肌専用】のオールインワンゲルです。

脱毛サロンでひざ下脱毛を行う場合の注意点

ひざ下脱毛は、ワキ脱毛と同様人気の高い部位の脱毛ですが、実は、脱毛サロンによって、ひざ下部位の範囲が少し違います。例えば、ひざ(ヒザ小僧)の脱毛を含むのか含まないのかなどです。


大抵の脱毛サロンでは、ひざ(ヒザ小僧)の脱毛は含みませんが、中には、ひざ下脱毛をしてくれたら、おまけでひざ(ヒザ小僧)脱毛もしてくれる脱毛サロンもあります。

また、基本的な脱毛サロンのひざ下脱毛は、360度、前も後も脱毛です。しかし、中には、ひざ下脱毛前面のすね、ひざ下脱毛後面のふくらはぎと、2つの部位に分けている脱毛サロンがありますので、よく確認しないで申し込むと、話が違うなんてことになりかねません。


しかし、ひざ下脱毛の範囲については、脱毛サロンの公式ページには詳しく書かれていないことが多いので、問い合わせセンターや無料カウンセリングで、範囲を確認する必要があります。


そして、ひざ下脱毛をする前には、しっかりと保湿をする必要があります。ひざ下は赤みやかゆみ、あるいは、乾燥肌になりやすい部位ですので、肌の水分が不足していると、脱毛した後に火傷のような症状が出ることがあるからです。

このため、施術の1週間くらい前から、保湿クリームを使って乾燥対策をしつかり行って施術を受けましょう。


キレイモ(KIREIMO)は【全身脱毛専門】の低価格脱毛サロンです。

水泳でダイエット

水泳でタイエットするのは、昔からよく聞く話ですが、それをするためにはプールに行かなければ出来ないと言う難点がありますが、それだけ、効果も高いようです。


その最大の理由が、消費カロリーの高さです。例えば、1時間歩くと、消費されるカロリーはせいぜい120~150kcal程度ですが、平泳ぎで1時間泳ぐと消費カロリーは601kcal、これがクロールだと1139kcalにもなります。

このように水泳の所費カロリーが高いのは、それなりの理由があります。

まず、泳ぐという運動は、前に進むために手や足を動かし、身体を水平に保つために、腹筋や背筋も使うなど全身を使う運動です。

そして、水に入ると、水圧が身体にかかります。その大きさは、1.3トンにもなるといわれております。

この水圧によって、血液の流れや代謝が良くなります。さらに、体を動かしても心臓にかかる負担が少ないため、高齢者でも行える運動です。

水中で身体を動かすと、水の抵抗を受けます。これは、空気中の約10倍にもなると言われており、これだけの抵抗を受けるため、腕を動かすだけでも立派なエクササイズになるのです。

また、水の抵抗は全身にかかります。これによって、腕の内側、腕を元に戻す時には腕の外側にも負荷がかかります。

太ってる人がジョギングなどをすると、膝や腰を痛めることがありますが、水中では浮力がかかり身体が浮くため、膝や腰への負担が軽くなります。

また、脂肪の比重は0.9と水より軽いので、太っている人ほど水に浮きやすく、楽に泳ぐことができます。

プールの水は、体温より低い水温に設定してあります。このため、身体は体温を保とうとして、エネルギーを燃やしていきます。つまり、水に浸かっているだけでも、陸上にいるよりもエネルギーを多く消費することになります。

このように、水泳は激しくやればやるほど、体力を消耗し、消費カロリーは高くなります。

このため、あまり激しく泳ぎすぎると、脂肪を燃やすのではなく、筋肉を鍛える効果が強くなって、がっちりした体型になる可能性もあります。

最初からはりきって激しく泳ぐと長続きしませんので、ゆったりと大きなフォームで、最初は短い距離から始めて、少しずつ距離や時間を伸ばしていくようにしましょう。どんなに効果のある運動でも、続けなくては意味がありません。

泳ぎが苦手な人は、水中ウォーキングでも十分ダイエット効果が見込めます。水の抵抗によって、歩くだけで全身を使うからです。


宅配食事サービス「ニチレイフーズダイレクト」はダイエット食品や健康管理食などを提供