肌の光老化予防とケア

光老化とは、紫外線の影響によって起こる肌の老化で、加齢にともなう自然老化とは違います。肌老化の原因の内、自然老化は20%で、残りの約80%が光老化です。


光老化の特徴は、紫外線に対する防御反応で、皮膚が厚く色濃くなることにあります。また、真皮では、皮膚の弾性線維が固まって光線性弾性線維症という状態になります。

光老化で現われる症状には、35歳前後から目立つようになるシミやシワ、皮膚のザラツキやクスミなどがあり、紫外線に晒さられる部位にこうした症状があらわれます。

光老化を予防するには、紫外線から肌を守ることに尽きます。そのため、外出する際は、日焼け止めを塗ることが基本的な予防法です。なお、紫外線は日射しが強くなくても常に出ているため、日常的に日焼け止めを使用することが大切です。

光老化ケアのポイントは、コラーゲンやコラーゲンの合成に関わるビタミンC、紫外線によって発生した活性酸素を除去する行うビタミンEやβカロテンをしっかりと補給することです。

また、光老化によって肌の保湿機能が低下すると、バリア機能が弱まっておりトラブル発生の原因となります、このため、十分な保湿によって、バリア機能を整えておくことが重要です。


「メディプラスゲル」は【敏感肌専用】のオールインワンゲルです。

脱毛サロンでひざ下脱毛を行う場合の注意点

ひざ下脱毛は、ワキ脱毛と同様人気の高い部位の脱毛ですが、実は、脱毛サロンによって、ひざ下部位の範囲が少し違います。例えば、ひざ(ヒザ小僧)の脱毛を含むのか含まないのかなどです。


大抵の脱毛サロンでは、ひざ(ヒザ小僧)の脱毛は含みませんが、中には、ひざ下脱毛をしてくれたら、おまけでひざ(ヒザ小僧)脱毛もしてくれる脱毛サロンもあります。

また、基本的な脱毛サロンのひざ下脱毛は、360度、前も後も脱毛です。しかし、中には、ひざ下脱毛前面のすね、ひざ下脱毛後面のふくらはぎと、2つの部位に分けている脱毛サロンがありますので、よく確認しないで申し込むと、話が違うなんてことになりかねません。


しかし、ひざ下脱毛の範囲については、脱毛サロンの公式ページには詳しく書かれていないことが多いので、問い合わせセンターや無料カウンセリングで、範囲を確認する必要があります。


そして、ひざ下脱毛をする前には、しっかりと保湿をする必要があります。ひざ下は赤みやかゆみ、あるいは、乾燥肌になりやすい部位ですので、肌の水分が不足していると、脱毛した後に火傷のような症状が出ることがあるからです。

このため、施術の1週間くらい前から、保湿クリームを使って乾燥対策をしつかり行って施術を受けましょう。


痛くない美肌脱毛なら「ジェイエステティック」

善玉菌を増やすポイントと食材

人の腸の中には、約500種類、100兆個の細菌が住み着いており、その細菌は「腸内細菌」といわれています。


腸内細菌の種類は、乳酸菌を代表とする「善玉菌」、有害菌である「悪玉菌」、それに、腸内の環境状態によって「善玉菌」にも「悪玉菌」にもなったりする「日和見菌」 という3種類に分類できます。


健康な人の腸内環境は、善玉菌と悪玉菌それぞれがバランス良く保たれています。

この、腸内フローラのなかの細菌がさまざまな働きをすることによって、人の健康に多大な影響を与えております。健康な状態では、善玉菌が増え、悪玉菌が減り、悪くなると勢力はその逆になります。


 肉類や脂質が多い食べ物が中心で、野菜不足の食事をとっていると、悪玉菌が増えて便秘になりがちです。このように、食事が偏っている人は、腸内に善玉菌よりも悪玉菌が多い状態となります。


この腸内環境を改善するには、乳酸菌を含む食品などから善玉菌そのものをとったり、オリゴ糖や食物繊維など、善玉菌のエサになる食品をとる必要があります。


特に、慢性便秘の人は、滞った便の水分が吸収されて硬くなり出にくくなっておりますので、便の水分を増やしてやわらかくする水溶性の食物繊維がおすすめ。また、悪玉菌を殺す納豆菌を含む納豆をとるのも効果的です。


善玉菌を増やすポイントと、おすすめの食材は、


■善玉菌を多く含む食材をとる


発酵食品のキムチには乳酸菌が豊富。野菜もとれるので食物繊維の補給にもなります。


また、善玉菌の代表が乳酸菌やビフィズス菌。これらを含む食品をとれば、おなかの善玉菌も増えて、悪玉菌が減ります。

「ヨーグルト」、ぬか漬けなどの「漬け物類」、「牛乳」や「みそ」などがオススメ。チーズも代表的な食材ですが、加工したプロセスチーズより「ナチュラルチーズ」の方が良い。


■エサとなるオリゴ糖、グルコン酸などをとる


バナナにはオリゴ糖が含まれているうえ、食物繊維もとることができます。便秘のときの朝食やおやつにぴったり。

また、オリゴ糖、グルコン酸など善玉菌のエサになる食品をとるのも効果的。エサが増えれば善玉菌が増殖していきます。


オリゴ糖とグルコン酸の両方を含んでいる「はちみつ」や、グルコン酸をたっぷり含んだお酢からつくる「ポン酢」などが代表食材です。


■納豆菌を多く含む食材をとる


悪玉菌を殺す納豆菌が含まれます。納豆菌は腸内の善玉菌になり、ほかの善玉菌も増やします。 悪玉菌を殺す働きをもつのが、納豆に含まれる納豆菌。納豆をとれば、腸内の悪玉菌が減っていき、逆に善玉菌が増殖します。

宅配食事サービス「ニチレイフーズダイレクト」はダイエット食品や健康管理食などを提供