髪の毛が抜けやすく生えやすい季節は?

髪の毛が抜ける量は、一日で大体50~70本位と言われておりますが、特に夏場は髪の毛が抜けやすい傾向にあります。


その理由は、頭皮環境が損なわれためです。梅雨などの時期には湿気が強いため、地肌に雑菌が繁殖しやすくなります。

さらに、気温が高く暑いため、汗をかきやすくなり、強い紫外線から頭皮を守ろうとして皮脂分泌が活発になって雑菌がさらに増加してしまうためです。

元々、皮脂は頭皮を守るためのものですが、過剰に分泌されてしまうと、頭皮を不衛生な環境にしてしまいます。このように、頭皮状態の悪化が抜け毛を増やすことになるのです。

その一方で、髪の毛が伸びやすいのも夏なのです。これは、新陳代謝が大きく関わっているからです。

気温の高い季節は、新陳代謝が盛んになります。新陳代謝によって古い物は無くなり、新しい物と入れ変わるため、組織が若返ります。

このため、抜け毛が多くなる夏は、髪の毛が伸びやすい季節ともなるのです。夏のほうが髪の伸びが早いと言われるのは、このためです。

寒い冬は、栄養を摂取しても、体温を維持することにその栄養が使われるため、髪の毛まで栄養が行き届かず、伸びる速度が遅くなってしまいます。


「銀クリAGA.com」で薄毛や抜け毛対策☆お気軽に無料相談を!!

保育士の将来性

匿名ブログ「保育園落ちた日本死ね!!!」は、日本中に大きな衝撃を与え、国会答弁で安倍首相がつれない答弁を行ったため支持率が低下し、参議院選だけでなく都知事選の大きな焦点となりました。


少子化が進んでいるのに、待機児童の数は増え続け、2015年では2万3千人を超えていると言われております。

その原因は、女性の社会進出の増加、雇用形態の変化による共働きの家庭が増えたことによるもので、結婚している女性の就業率は60%を超えていると言われております。

また、全世帯数から見ても20%以上が共働き世帯となり、不景気により出産を機に、退職するよりも働く選択をする女性が増えているにも拘わらず、核家族化が進み、親世代に子供を預けることができないため、子供を預けなくては働けないのです。

その一方で、その需要人数に対し保育関連施設や保育士が不足しているため、こうした児童を受け入れることができず待機児童として入園待ちをしているのです。

国や地方自治体も、子育て支援のための施策を行い、待機児童をなくすための保育施設の拡充が図られております。

これに伴い、保育士の募集が多くなっており、安いといわれていた給与も改善の方向にあります。

また、最近は、公立の施設だけではなく、デパートなどの商業施設でも子どもを預かることを売りにしている場所もあります。

これは、親が買い物をしている間、子どもを安全に預かってくれるため、親も安心して買い物ができ、売り上げも伸びることに繋がります。こうした場所では、保育士の資格を持っている人を優遇する傾向があります。

また、企業でも貴重な人材の流失を防ぐため、託児所を併設している会社も増えていることから、そうした企業でも働く機会が開かれていくことでしょう。


転職なら「保育ひろば」

靴と健康との関係

歩くことは健康への第一歩です。歩行は全身運動で、心臓や肺の働きを活発にするからです。


しかし、歩いていると、足に想像以上の負担がかかります。この負担から身を守らないと、せっかくのウォーキングも逆効果になりかねません。


足は「第2の心臓」といわれますが、心臓から最も遠い位置にある足には、心臓が行っているポンプ作用が十分に及びません。


しかし、歩くことによって、足の筋肉が伸縮して血液の流れを促進し、組織を活性化します。これが、足が「第2の心臓」といわれるゆえんです。


また、足にはツボも集中しており、足の疾患が原因で、頭痛、腰痛、脊髄・内臓等の病気になることもあります。このように、足は全身の健康に対して重要な役目を担っているのです。


歩くとき、足には静止体重よりも約20%増の負荷重量がかかります。例えば、体重60kgの人だと、1歩ごとに片足に72kgの重みがかかっており、1日、6,000歩くと、両足に延べ432トンもの負荷がかかることになります。さらに、急ぎ足になると片足1歩に約81kgもかかると言われております。


このように、日々、大きな負荷にさらされ続ける足を健全な状態に保つためには、靴選びが大切です。自分の足に合った、歩きよい靴を選ぶことが、健康につながる重要な要因となるのです。

靴クリーニング・丸洗い「くつリネット」