風水とは

郭璞(かくはく)の「葬書」には、「気は風に乗(じょう)ずれば散(さん)じ、水に界(へだ)てられれば即(すなわ)ち止(とど)まる。古人はこれを聚(あつ)めて散ぜしめず、これを行いて止めるあり。ゆえに、これを風水(ふうすい)という」 と風水を定義しております。

分かり易く言えば、「風水」は大地の「気」の流れを掴み、物事の判断の役に立てようというものです。

すなわち、「気」の流れを調べて、どこにどのような「気」が集まるかを解明することによって、不運を避けて開運しょうとするのが風水です。

古代中国では、風水を利用して「気」の流れを研究して、都を作るため幸運を呼ぶ土地を見つけたり、軍を配備するために用いられたりしておりまた。

日本でも、平安京が風水に基づいて都造りがされたというのは有名な話ですよね。

今日では、全国に風水師がおり、風水術にもいろいろな流派ややり方があります。

科学の進歩した現代において、風水は迷信だとか胡散臭いなどと思っている人は多いかもしれません。確かに、風水は科学的に根拠を明らかにできてはいません。

でも、古代から体験を通じて効果があったから、使ってきたのであり、理にかなった、万物の恵みを活かす学問でもあるのです。

風水を活かす事で、人生に追い風が吹くようになります。風水を活用すれば、自分が望む人生を応援してくれるようになります。


【占い&開運グッズ】で開運