脱毛サロンのジェルの役割

脱毛サロンでは、施術前に脱毛する箇所に必ずジェルを塗りますが、このジェルは何のために塗っているのでしようか?


その理由は大きく分けて、ジェルで保湿して熱から保護する、肌表面を冷やすことの2つあります。

まず、施術前にジェルを塗って保湿をすることによって、機械が毛根を破壊するために発する熱から肌を保護します。

これによって、肌へのダメージを出来るだけ抑えるとともに、痛みも最小限に抑えることができます。

もう1つの肌表面を冷やす冷却効果も、大切な役割があります。もし、肌にジェルを塗らず、水分が不足した状態で施術を行うと、レーザーの熱に肌が負けてしまって痛みを強く感じたり、ヤケドをしたりする原因ともなります。

施術中に保護するのはもちろんのこと、脱毛後の肌荒れを防ぐ効果もあります。

ジェルが不要なタイプの脱毛機もあますが、これは、脱毛機自体に冷却機能が備わっていたり、ジェルの代わりの冷却材で冷やしたりする工夫をしております。

これだと、ジェルを使用しないで済むので、その分、料金が多少安くなり、また、施術時間も短くなるのが最大の魅力です。

それでも、十分に肌が冷えていないまま施術を行うと、ヤケドや肌荒れなどのトラブルが起こる可能性はあります。

また、ジェルを塗らずに脱毛を行うサロンは、ジェルを塗るサロンに比べると痛みが強いようです。

ジェルはヒヤリと冷たくて、肌に塗るときは多少辛いものですが、これを塗ることによって、施術中の痛みはほぼ無くなりますので、体へのストレスを考えると、ジェルを塗るサロンの方がお勧めです。




脱毛サロン「銀座カラー」