脱毛を始めるのは夏の終わりが最適

脱毛といえば夏場というイメージが強いのですが、実は、夏が終わった頃こそが脱毛をするチャンスなのです。


このため、脱毛サロンやクリニックでは、夏が終わった「今こそ脱毛」と広告を盛ん打ち出しています。

脱毛は2ヶ月に1回の頻度で行う必要があり、完全に目立たなくなるまでにはある程度の時間がかかります。

多くの女性は、半袖を着る機会が多くなる頃にムダ毛を無くしたいと思うもの。このため、半袖を着始める6月頃に、脱毛によってムダ毛を目立たなくさせたいならば、夏終わりに脱毛をスタートするがベストなのです。

10月頃になると紫外線が少なくなるため、この頃から始めると、毛周期に合わせて約2ヶ月に1度程度で4~5回ほどの脱毛ができるため、6月頃ににはかなり効果が見られるようになるのです。

ただし、毛質には個人差があり、また、脱毛したい部位にもよりますが、脱毛の効果を出したい時期から逆算して脱毛を開始することをおすすめします。

春先や夏前に開始すると、脱毛サロンに駆け込む人が多くなり、混雑して予約がとれにくくなります。そうすると、毛周期に合わせた脱毛が困難となりますので、早めに脱毛を意識し、夏が終わった時期から脱毛を開始するのが最適と言えます。


また、脱毛の仕組みからしても夏終わりは最適です。脱毛は、毛と肌のメラニンの差を利用する脱毛方法で、メラニンの黒い部分にレーザーを照射して、毛根細胞まで消滅させるものです。

ここでポイントとなるのが日焼けです。日焼けをすると肌のメラニンが増加するため、レーザーが照射される対象となってしまい、安全に脱毛ができず、やけどの原因となってしまいます。この点からしても、夏はレーザー脱毛が向かない時期と言えます。

また、夏は薄着などの影響で、肌が直射日光を受けやすく、日焼けに代表されるように肌へのダメージが強いのです。そんな時に、脱毛の処置をすると、肌荒れの原因になってしまいます。

そういった意味でも、日焼けのリスクが少なくなる夏終わりに脱毛を始めるのがお勧めなのです。


脱毛サロン「リンリン(RinRin)」

医療レーザー脱毛のメリット・デメリット

医療レーザー脱毛機は、医療機器ですから、医療機関でしか使用を認められていません。これは、医療機関には医師が常駐しているため、施術中にトラブルが発生しても適切な処置が行うことができるからです。

このため、強力な医療レーザー脱毛機を扱うことを国から許可されており、それだけ、脱毛に高い効果が期待できます。

すなわち、高いレーザー出力で発毛組織に働きかけるため、毛根に強いダメージを与えることができるため、一回の脱毛効果が高いのです。

こうした強力なレーザー脱毛機を使用するためには、施術者に正しい知識や技術が求められますため、医師の管理のもとで処置を行う必要がありますが、もし、肌のトラブルが生じた際のアフターケアも万全に行われるので安心です。

メリットとしては、短期間で確実な脱毛効果が得られると共に、リスク対応が万全であることです。


金銭面で考えても、医療脱毛は安心です。一般的に、医療機関で行う脱毛の費用は高額だと思われがちですが、脱毛が完了するまでの価格で考えると、脱毛サロンでのコースよりも安く収まるケースがあります。脱毛サロンだと、1回の単価が安くても多くの回数がかかってしまうためです。

また、医療機関ですから、経営破たんといった経営上の危険性はないため、脱毛サロンのように、利益を追求するあまりの高額なコースへの勧誘や、資金繰りが苦しくなって経営破たんといった危険性はありません。

デメリットとしては、脱毛サロンのレーザー脱毛に比べて照射出力が強いため、多少の痛みを伴う場合があります。


脱毛なら「KM新宿クリニック」のハヤブサ脱毛!!