留学とワーキングホリデーとの違い

海外の学校に通う事を一般的に留学呼びます。ビザの種類としては、学生ビザか観光ビザを使っての渡航になります。

留学は語学学校や専門学校など「国が認めている学校に通う事」であり、その期間が短いものが「短期留学」となります。

学生ビザは就学を目的としているビザですので、学校に通える期間に制限がなく、語学学校に通っている期間は、その国で生活をする事ができるビザです。

学生ビザは年齢制限がなく、何歳でも申請する事ができます。また、事前に休日を申請する事もできるので、学校を休んでいる間は観光や旅行に行く事も可能です。

国によって異なりますが、基本的には就学を目的としているので、就労は許されておりません。ただ、国によって働く事はできますが、ワーキングホリデーのようにフルタイムで働く事はできません。

留学は、ワーキングホリデーよりも勉強できる期間を長くできる反面、現地で働く事は基本的にはできませんが、何回でも同じ国で利用することができます。

これに対して、ワーキングホリデーは、18〜30歳までの年齢制限があり、学校に通える期間は国ごとに異なっております。

留学と大きく異なるのは、現地で働く事ができるだめ、トータルの費用を安く抑える事ができる。ただし、滞在期間は1年間で、しかも、1つの国に対して1度しか使えません。


国内&海外の【旅行予約サイト】比較