防犯カメラのリースやレンタルとは?

防犯カメラを設置するにあたっては、機器を購入する、リースやレンタルで設置するという選択肢があります。


防犯カメラのリースやレンタルは、必要な機器を借りて、契約期間が終了したら機器を業者に返却するものです。


防犯カメラを家庭用に1台付ける程度であれば、購入して設置するという方法もあります。


しかし、防犯カメラの設置台数や設置目的によっては、購入ではなくリースやレンタルにした方が、メリットがある場合があります。


防犯カメラの台数が多い場合は、機器の購入費用だけで数十万円になることもあります。しかし、リースやレンタルだと購入費用はいりませんので初期費用を低く抑えることができます。


また、リースやレンタルの契約期間は、一般的に防犯カメラの寿命である5年程度で設定されることが多いため、契約終了時に最新の防犯カメラに切り替えることができます。


また、ゴミ出しのルールを守らない人を特定するため、一時的に防犯カメラを設置したい場合などは、契約期間の短いレンタルを活用するが適しています。


防犯カメラのリースとレンタルとの大きな違いは、契約期間の長さです。


リースは、防犯カメラの寿命である5年程度を契約期間として設定する、長期契約です。


レンタルは、最短では1週間を契約期間として設定する短期契約です。


初期費用を抑えて、大量に防犯カメラを設置したいなら長期契約の方がよいでしょうし、一時的な利用なら短期契約の方がよいでしょう。


防犯&セキュリティ対策特集