次亜塩素酸水とは?

次亜塩素酸水は、厚生労働省から、ウイルス対策やアレル物質の除去など、さまざまな専門分野での使用が認可されております。


次亜塩素酸水の製造は、一般的に塩酸もしくは塩化ナトリウム水溶液(食塩水)を電気分解することによって行われております。


医療分野では「強酸性電解水」として医療機器などの消毒に、食品分野では食品添加物の「殺菌料」として野菜や調理器具の消毒や野菜の色を維持するために使われております。


なお、食品に使用するときは、商品に次亜塩素酸水が残らないことが求められております。


このため、スーパーなどで購入するカット済みの野菜や果物、サラダなどの加工品には、成分はまったく残っておりません。


なお、除菌を目的として市販されている次亜塩素酸水は食品添加物ではないため、食品には使用できません。
農業分野においは、2014年には「特定防除資材(特定農薬)」、2017年には「有機栽培資材」として、農林水産大臣と環境大臣から認可・指定を受けています。


このように、次亜塩素酸水は人体にとって安全であることを公的に認められているのです。


「次亜塩素酸水」でウイルス対策