髪の毛が抜けやすく生えやすい季節は?

髪の毛が抜ける量は、一日で大体50~70本位と言われておりますが、特に夏場は髪の毛が抜けやすい傾向にあります。


その理由は、頭皮環境が損なわれためです。梅雨などの時期には湿気が強いため、地肌に雑菌が繁殖しやすくなります。

さらに、気温が高く暑いため、汗をかきやすくなり、強い紫外線から頭皮を守ろうとして皮脂分泌が活発になって雑菌がさらに増加してしまうためです。

元々、皮脂は頭皮を守るためのものですが、過剰に分泌されてしまうと、頭皮を不衛生な環境にしてしまいます。このように、頭皮状態の悪化が抜け毛を増やすことになるのです。

その一方で、髪の毛が伸びやすいのも夏なのです。これは、新陳代謝が大きく関わっているからです。

気温の高い季節は、新陳代謝が盛んになります。新陳代謝によって古い物は無くなり、新しい物と入れ変わるため、組織が若返ります。

このため、抜け毛が多くなる夏は、髪の毛が伸びやすい季節ともなるのです。夏のほうが髪の伸びが早いと言われるのは、このためです。

寒い冬は、栄養を摂取しても、体温を維持することにその栄養が使われるため、髪の毛まで栄養が行き届かず、伸びる速度が遅くなってしまいます。


「銀クリAGA.com」で薄毛や抜け毛対策☆お気軽に無料相談を!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>